公共料金 払えない

公共料金などの出費にも使用できる

誰にでも一時的にお金が必要なことはあります。水道代や電気代などの公共料金の支払いが間に合わないといったときや急な出費で今月の水道料金が払えないなど、そんな時には即日融資ができる消費者金融なら今日中にお金が借りれるので安心です。

水道料金などの公共料金が支払えない場合、手数料は上乗せされて請求されるか

マイホームであろうと賃貸であろうと、公共料金の支払いは例外なく訪れます。公共料金には主に電気代、水道料代、固定電話代などがありますが、生活が苦しいと公共料金の支払いが滞ってしまうことがあります。

お住いの自治体によって異なりますが、それぞれの公共料金によっても対応が異なります。電気代の場合、口座引き落としが残高不足のためできなかったとしても、すぐに電気が止められることがありません。

2回目の引き落としが、次の月と合算で請求されます。それでも引き落としできなかった場合には、コンビニで振り込み可能な用紙が送られてきます。固定電話代の場合、1回目の支払いができないと2回目の支払期限がハガキで通知されます。

それでも支払いがされないと電話は通じなくなってしまいますが、払えばすぐに元に戻してくれます。水道料金に関しては、電気代とは異なり比較的融通を利いてくれます。支払期限前に水道局に連絡をすれば、期限を引き延ばすこともできます。手数料が上乗せされることもありません。ただしそれ以上の引き延ばしは許されず、新しい期限までに支払いがされないと水道は止まってしまいます。期限間近になると、「最終通告」のようなお知らせが来る場所もあるようです。

どうしても水道料金などの公共料金が支払えないとなれば、契約内容を変更するといいでしょう。特に電気代などは、契約アンペアを減らすことで基本料金を減らすことができます。固定電話も特に必要がなければ解約してもいいかもしれません。

水道料金はそういった節約がなかなかできませんが、「福祉資金貸付」を利用するか、公営団地へ引っ越しをするといいかもしれません。

水道代が払えない!そんな時はキャッシングでピンチ脱出

「水道代が払えない」生活費の他に光熱費などの支払いが重なりお金が無いといった場合に、後回しにされがちなのが「水道代」の支払いです。 家賃や電気代などと違い「たかが水道代なんて」とお金がない時に後回しにされる傾向があります。

確かに水道代は基本的に1度の支払い延滞ではすぐに止められる事はありません。人間生活に必要なものに関しては比較的すぐに止められない傾向にあるからです。 しかしこれは裏を返せば、止まってしまうと大変な問題に発展するので多少待ってもらえるという事なのです。

止められる前にキャッシングしてでも支払った方がいい理由

水道が止まってしまうと多くの問題が発生します。

@水道が止まったからと市販の水を買い生活すれば、水道代を払うより逆に高くつく


A水道代を延滞する事によって延滞金が発生する場合がある


Bシャワーも使えず、銭湯などに行くことになり出費がかさむ

(東京都の銭湯の金額は平均で460円、月に20回銭湯に行った場合、460×20回で9200円になります。一人暮らしの水道代1ヶ月分の平均は3000〜4000円と言われているので、お風呂代だけで水道代の2倍以上の出費になってしまうのは割に合いませんよね。)

この他に、水道代はクレジット払いができない場合がほとんどで全て現金支払いなのが特徴です。なのでお金が手元にない場合はキャッシングして払うのが最善の策と言えるでしょう。 キャッシングは金利が高い二の足を踏まれる方も多いと思いますが、実際に水道が止まる事のデメリットで発生する金額に比べれば、キャッシングの金利の方が遥かに安くなります。

また、キャッシングは分割で返済する事も可能なので、自分の生活に合わせて返済ができます。無理に一括で返す必要はありません。 水道代は払わなければ確実に困る光熱費の1つです。 水道代や生活費が払えない時は上手にキャッシングを使って支払いを乗り切りましょう。

電気代が払えないとどうなるの?

電気代が払えず電気が止まってしまうとこのようなデメリットがあります

携帯電話の充電が出来ない

冷暖房を使う事が出来ず季節によっては体調を崩す事も

冷蔵庫が使えなくなり食品の保存が出来なくなる

生活に余裕がない状況では後回しにされがちな公共料金の支払いですが、光熱費系の中でも一番止められては困るのが「電気」だという声が多いようです。「最悪の場合、水は買えるから」「ガスが無くても最低限の暮らしはできる」という意見がある中、電気は明るさだけではなく、携帯電話や冷暖房など健康状態にも大きく関わってきてしまい、止まってしまうのはかなり辛いですね。

電気代は止められやすい?

電気代は他のガスや水道代と比べて比較的に止められ易くなっています。東京電力の場合だと、検針日から50日〜で電気が止められてしまいます。現代の生活に欠かせない電気は支払日から一ヶ月と待ってくれないうちに送電停止になってしまうので、払えそうにない状態になったら早めに対策を立てないといけないですね。

滞納から電気が止まるまでの流れ

送電停止の状態になってしますと非常に面倒なデメリットだらけですが、電気代は送電ん停止になる前にも、支払い期限を過ぎると「延滞金」が発生してしまします。これにより通常払わなければならない金額よりも更に高くなってしまします。送電停止までの流れを知って、どこで手を打つべきかをしっかり知っておきましょう。

@支払い滞納

支払滞納と言っても、実際いつから滞納してしまったのか分からない。複雑なのが電気代の特徴です。「電気代の支払い義務は検針日から発生する」というのが決まりになっています。よく電力会社の請求書の作成日と誤解される事が多いですが実際は検針日(月1回電力会社のスタッフによる、どのくらい電気を使ったかを計測する日)から支払い義務が発生しています。

住む地域いよって多少の差はあるかもしれませんが、東京電力の場合は検針日から30日目が支払い期限日となり、この日を過ぎると滞納扱いになってしまします。

A延滞金の発生


検診日から数えて30日を過ぎると「遅収」扱いとなり、50日目まで延滞金が発生します(東京電力基準)。延滞金は電気料金に1日0.03%の利息が上乗せされてしまします。これは年利換算すると10%にもなってしまいます。
支払を遅らせると止まってしまうだけの他の光熱費と違い、電気代は滞納すると延滞金が発生するという性質を持っています。後々払うが必須になってくる以上、延滞金が発生する前に一刻も早く返済する必要があります。

「止められにくい」と滞納しがちなガス代の落とし穴

お金が無くて光熱費まで手が回らない、その場合は優先順位をつけて待ってもらえそうなもので尚且つ、もし止まっても何とかなるものを後回しにします。そこで後回しにされやすいものとして「ガス代」があります。比較的ガスは他の公共料金と比べ、止められるまで多少待ってくれます。それに加え、もし、止められたとしても、お湯や食材を温めたり調理したりするのに何もガスが無ければできない訳ではない。この様な理由からガス代は滞納されやすい公共料金の一つです。

しかし、ガス料金は滞納されやすい公共料金であるものの、最も止まってしまってからが厄介な公共料金であることは、あまり知られてはいません。その為、後々の事を考えて早急に支払いを行う必要があります。

一時的な借入なら無利息を利用するのがお得!

水道代や電気代などの公共料金の支払いができないといった場合には無利息サービスのある消費者金融を利用するのがオススメです。 利息が0円で借りられるのは「アコム」「プロミス」がありますが、どちらも初めての利用の方が対象で、契約日から30日間までが無利息となります。(※プロミスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

30日無利息のサービスを利用するメリットは、30日以内に完済してしまえば、まったく利息を支払ずにお金を借りられます。 また、初回返済分をすべて元金に充てることができるため、一時的な借入を行うのならお得です。しかもネット申込から利用でき、手続きも簡単です 。

↑ PAGE TOP