携帯代 払えない

【目次】

ついついやってしまう携帯代の後回し

思わぬ出費があったり、思ったほど収入がない月には携帯代の支払いは結構たいへんなものです。携帯代はすぐに支払わなくても電話がすぐに止まることがありません。そのため、支払いをついつい後回しにしてしまいがちです。後ほど詳しく説明しますが、携帯代の滞納は危険な行為と言えます。

また、携帯代の支払を翌月にスライドしてしまうと、結局翌月に2ヶ月分の支払いをしないといけないため、出費が多くなってしまいます。翌月も支払いを遅らせて・・・となると完全に負のスパイラルです。しかし、賢くキャッシングサービスを利用することで、支払滞納サイクルから簡単に抜け出すことができます。

給料日と支払い日のサイクルを確認

給料日のすぐ後に支払い日がある場合はすぐに携帯の支払いを済ませてしまうケースが多いようですが、給料日前に支払日がある場合が一番滞納してしまいやすいようです。携帯代の支払額はおよそ1万円程度ですが、給料日前に1万の支払はキツイ!と思うことは多々あります。給料が入ったらすぐ支払い!までは良いのですが、支払ったのは先月分のみで、また今月分の支払に余裕が無くなってしまいます。この状態から抜け出すのは非常に大変です。支払いに追われていると気づきにくいのですが、督促状が届くのが約1ヶ月遅れで届くので、@先月の滞納分の支払、A今月分の請求の支払、B次の給料日前に届く請求の支払いと実質3回分の支払いをひと月で行わいと滞納の流れから抜け出すことができません。3回分の支払いをひと月でってかなり大変です。。。

携帯代が払えない時の解決策

携帯代が払えないからとりあえず滞納まではまだ良いのですが、督促状が届いた時には明日までに払わなければならないと携帯が止まる!でもお金がない…。となると大ピンチです。

携帯が止まってしまうと、人と連絡を取るのも大変ですし、仕事で自分の携帯を使っていれば、取引先に滞納がバレてしまい、信用を失ってしまったりとリスクが大きいです。親や友達にお金を借りて、後々トラブルになってしまったりなんてこともあります。

そんな時は迷わずキャッシングサービスを利用した方が賢明と言えるかもしれません。仮に3万円を借りたとしても、翌月に3万円全額を返済する必要がないので、返済が負担になってまた借金をするなんてことはありません。当然利息分はお金がもたったいないですが、毎月毎月のお金の心配がなくなると思えば安いと感じる人も多いでしょう。月々の返済額は借入額にもよりますが、安ければ千円でもOKです。お金に余裕のある月に多めに返済をしてしまえば、いつまでも借金が続くこともありません。

携帯代などの少額融資で人気の金融ランキング

携帯代が払えない場合はどうする?

携帯の月額料金は月平均でガラケーで2700円、スマートフォンで6300円と言われています。多くても1万円以上2万円以下の月の支払いを「最悪電話が止まるだけだから…」と安易な考えで携帯代を滞納、延滞される方もいます。しかし、その考えは大変危険です。

携帯料金を未納にする事で最悪の場合は、訴訟問題に発展するケースや、ブラックリストに載ってしまう事があります。携帯代未払いによって起こるデメリットを確認し、支払い問題を早急に解決しましょう。

携帯料金を払わない場合の流れ

支払い期日までに携帯代の支払いをしなかった場合、2週間程度で登録されている住所への「料金未納の督促」がハガキにて届きます。そこには「利用停止予告日」が記載されています。利用停止予告日は、だいたいが支払い予定日を過ぎてから1か月後くらいに設定されています。督促状に記載されている期日までにお金を払えば何も問題はなく、引き続き利用する事ができます。しかしその期日を過ぎてもなお、未払いが続くといよいよ携帯電話が利用停止になります。

利用停止になると、電話、メール、ネット(Wi-Fi利用を除く)の全てのサービスが使用不可になります。しかし、利用停止になってしまったとしても、まだこの状況でお金をコンビニなどで支払う事が出来れば、利用停止にはなりません。ここで何としてでもお金を払っておきましょう。

>>1万円から借りれるのはココ<<

今ならまだ間に合う!携帯が止まってからでは出来なくなる便利なお金の作り方

携帯代の支払日から督促状が来るまでが2週間、利用停止日は約1ヶ月後です。言い換えれば督促状が来た時点からの数日間は、まだ携帯電話の機能はそのまま使えるという事になります。

携帯が繋がるという事はネットが繋がるという事、ネットが繋がるうちにお金を借りる事でかなり楽ができるのです。

ではどう便利なのでしょうか?携帯でお金を借りる事で以下のメリットがあります。

@「ネット申込」が携帯から行える

「ネット申込」とは大手消費者金融で行っている借入サービスなのですが、これを使う事で様々なメリットがあります。

◆最短融資が可能になる
「ネット申込」を利用する事で手続きの手間が減る為、即日中に最短融資を行う事ができます。例えばアコムなら申込から45分で借入まで行う事ができます。今すぐお金が必要といった場合には大変便利ですね。
>>45分で借りるならコチラ<<

◆借りる際に店舗へ出向く必要が無くなる
申込や審査、契約手続きは店舗へ出向いて行うのが一般的ですが、ネットからなら申込から審査、契約に至るまで全てネット上で行えますので、店舗に行っての手続きは一切必要ありません。ネットに繋がる状態なら家にいながら手続きができるので、とっても楽です。

◆借入の際の手続きが簡易化
申込から契約まで終わって、いざ借入れ!ここで通常はカードを受け取り、専用ATMや提携ATMからキャッシングを行う流れになります。しかしネットから申込む事で「振込融資」を選択する事が可能になります。振込融資を行う事で、借入金はお持ちの口座へと振り込まれますので、近くのコンビニATMなどで1時間以内に簡単にキャッシングができちゃいます。その時に携帯代の支払い票を持っていけば、お金を引き出し、支払う事が同じコンビニで行えますので一石二鳥ですね。

◆親バレなど他人にバレる心配がなくなる
仮に店舗や無人機でキャッシングをすると借入明細表が指定した送り先に届きます。ここで家族に内緒で借入を行えたとしても、ここでバレてしまう事があります。しかしネット申込なら明細表もネット上で管理する事ができ、郵送物など一切届かないように設定する事ができます。スマホ上で申込から借入、その後まで管理する事ができるので、家族はもちろん店舗へも出向かないので知人に見られる心配もありません。
>>秘密厳守で借りるならココ<<

A事前審査が行えるので審査の不安が軽減できる

借入を行う際の不安な審査ですが、ネットが繋がる状態なら申込を行う前に仮審査を行う事ができます。これは大手消費者金融のアコム・プロミス・モビットなどで主に行っているサービスです。事前審査とは、簡単な必要事項を入力するだけで10秒以内に借入可能かどうかが分かるといったものです。匿名で行えるので、事前審査に落ちたとしても実際にあなたが審査に落ちた情報はどこにも残らないので安心です。ネットが使える状態で審査に不安があるのであれば、事前審査を使ってみるのが得策です。

B審査落ちのリスクが減る

審査基準に大事なのは安定した収入ももちろんの事ですが、信用情報が大きく関わってきます。申込や審査の際に、あなたの連絡先は必須になります。そこでもし、「携帯が止まっているから連絡先が書けない…。」これでは一発アウトです。借入を行う事はまず無理と言えます。審査落ちのリスクが減るというよりかは、携帯が止まった状態での借入はかなりのハンデを背負ってるといったところでしょう。携帯が繋がる、ネットが繋がる今の内に対策をしておくことをお勧めします。

利用停止になっても未納が続く場合

利用停止になってもまだ未払いのままにしておくと、強制解約になります。強制解約は料金滞納から2〜3ヶ月後、利用停止からは1〜2ヶ月後になるのが一般的です。大手各社で若干の差があります。下記で確認しましょう。

□ドコモ

ドコモでは携帯代が未払いの場合、督促状が届くのは支払日の翌月上旬です。そこには、電話回線が止まる日付が記載されています。この記載日までに料金の支払いが確認できないと、督促状が届いた月の中旬ころに「利用停止書」が届きます。その後、数日〜一週間弱で強制解約となります。

□au

auで携帯代を払わず延滞すると、支払期日の翌月10日に電話の回線がストップします。電話回線が止まった次の月には、契約解除に伴う通知が届きます。契約解除の通知が送られてきた時点であれば2ヶ月前の支払いだけでも済ませておくことで、契約解除は免れる事ができます。

□ソフトバンク

ソフトバンクの場合は携帯代の支払日から20日以内に督促状が届きます。そこに記載されていいる期日までに入金を済ます事が出来ないと、電話回線、メールがストップします。利用停止後にも未納が続くと督促状が届いた次の月には強制解約になります。

ドコモ→支払日から1ヶ月程で強制解約

au→支払日から2ヶ月程で強制解約

ソフトバンク→支払日から1ヶ月半程で強制解約

各社を比較してみると、遅くとも2ヶ月程度で強制解約になる事が分かります。ドコモに至っては、支払い期日から1ヶ月程度で強制解約と、かなり厳しいものとなっています。

強制解約になってしまうと…

強制解約になってしまうと最悪の場合、次のような事が起こります

@ブラックリストに載る

強制解約をされてしまうと、滞納したお金を全額携帯会社に支払わないと最長で5年もの間、他の携帯会社ですら契約をすることが不可能になると言われています。各社携帯会社では、このようなブラックリストに載ってしまったユーザーの情報共有がなされる為です。

ドコモで強制解約させられた後にauで契約すればいいや…。とはいきません。 しかし、滞納分を全て支払う事でブラックな情報は消えるので、他社はもちろん、今までの携帯会社と再契約も行う事もできます。

*しかし強制解約された方の全てが他社で契約できないかどうかは、それまでの信用情報によるものなので個人差があるようです。契約ができなかったというケースの他には、契約はできたけど分割での支払いはさせてもらえず、一括支払いのみになった。など個人差があります。

Aクレジットカードやローン契約が出来なくなる

強制解約になると、個人信用情報機関へ登録されます。これは@でも説明したような、いわゆる「ブラック情報」としてあなたの信用情報に傷がつくことを意味します。携帯を再契約しにくくなる事以外に、この信用情報の共有により、クレジットカードやローンを契約する事が難しくなります。その期間は最長5年と言われているので、何としてでも延滞金は支払った方がいいです。

B法的な手段による支払金の回収

滞納して強制解約になったからと言って、支払い金が無くなった訳でもありませんし、支払い義務もなくなった訳ではありません。携帯会社が債権回収を専門にする会社へ委託し、その会社から督促状や電話連絡が頻繁にある場合があります。

また、延滞金には利息が発生します。年率にして14.5%の延滞金が加算されていきます。年率でいえば比較的高い設定の金利なので、長期間放置してしまうと、返済額はとんでもない事になります。

C裁判所に提訴される事も

こういった状況にも関わらず、未払いのままでいると、最悪の場合、携帯会社が法的な手段に打って出るというケースも考えられます。 通常は未払い金と言っても数万円程度の事なので、すぐに訴訟などというケースは殆どないのですが、延滞額が高額の場合や本人に誠意が見られない、悪質であると見なされてしまうと訴訟まで起こされる可能性があります。稀に裁判所から支払い命令が届き、強制的に口座や価値のある財産を差し押さえられるケースもあります。

>>親バレしないカードローン<<

最も効率的に足りない携帯代を即座に作る方法

携帯代を支払わないと最悪の場合は訴訟問題など大きなデメリットが発生します。どんなにお金に困っていたとしても放置しておくのは大変危険です。もしもそんな事態に直面した時には、大手消費者金融などでキャッシングを行うのが得策です。

金利が高そうと思っている方もいるかと思いますが、実際は先程説明した携帯料金の延滞金にかかる年率よりは遥かに安いです。更に、アコム、プロミスなどでは30日間無利息で借入を行える為、1ヶ月間は借入金に対する利息は発生しません。(※プロミスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)つまり家族や友達からお金を借りる感覚で手軽に借りる事ができます。携帯料金などの少額融資を受ける上ではこれ以上に便利なものはありません。

アコム・プロミスなどは土日や祝日も融資可能で最短即日で1時間以内に借入を行う事ができるのも強みです。これにより延滞に関する督促状が来た際も即座に対応する事ができます。また、アコムやプロミスで行うネット申込みはお持ちの携帯からネットでの手続きで一切店舗へ出向かず最短で融資を受ける事ができます。消費者金融に行くのを誰にも見られたくないといった方などにも支持されているサービスです。しかしこのサービスも携帯電話が止まってからでは意味がありません。携帯電話が利用停止になる前にネットから最速で融資を行う事をお勧めします。

大手消費者金融も上手に使う事で他の金融機関よりも圧倒的に便利なものになります。もし携帯代が払えない状態になった場合はカードローンを上手に使い、滞納しないように気を付けましょう。

↑ PAGE TOP