出産費用 払えない

出産費にも利用可能。安心して利用できます。

アコムやプロミス、モビットならいつでも利用できるので、出産などの急な出費や妊娠してお金が必要そういった場合でも安心してお金を借りられます。

出産を控えてお金が足りないのですが一体どうすればいいのでしょうか

女性にとって子供を産むというのはうれしい半面、命がけの大仕事でもあります。下手をすれば命を落とす可能性がありますので、その可能性を極力減らすべく精神的には落ち着いておきたいものです。


お金の問題は最近の出産にはついて回るものですが、まずは家計の支出を抑えることを心がけましょう。息抜きにもなる外食ですが、あまりに多い外食は家計を圧迫してしまいます。外食といってもレストランで食事をするのではなく、公園で家から持ってきたお弁当を食べるだけでも精神的にはリラックスできます。また、家計費を切り詰めるには、旦那さんの協力も不可欠です。近年家計を圧迫している支出といえば、携帯電話代。アプリなどで毎月1万円以上の支出も珍しくありませんが、それはかかりすぎです。格安SIMを使えば毎月3000円程度で使い放題になりますし、公衆無線LANや無料通話アプリなども上手に活用していきましょう。旦那さんだけに節約を強いるのは酷なものですので、「隗より始めよ」ではありませんが、まずは奥さん自らが身を切って携帯電話の節約をするのがいいでしょう。赤ちゃんの発育のためにも、食費を削りすぎるのは得策ではありません。


公的な助成制度も活用するといいでしょう。自治体にもよりますが、妊婦さんの医療費用を無料にしているところもありますし、全国的には「高額療養費制度」を利用するのもおすすめです。帝王切開などをすれば高額医療として認められる可能性も高いですし、高額療養費制度による支給まで待てない方には、高額療養費制度で戻るお金を前借する方法もあります。

↑ PAGE TOP