学費 払えない

とにかくすぐ借りたい人はこちら>>>親バレしないカードローン

学費が払えなくて困った!!

学費は幼稚園、小学校、中学校、高校、大学でかかる費用になり、公立、私立などによって学費は大きく異なります。また、単に学費と言っても入学費、授業料(教育費)、通学費、遠足費、実習費、給食費など様々な費用があり、これらをまとめて、学費と言います。

当然の話ですが、学校に通う以上学費を払わなければなりません。学費の支払をしないと、最悪退学になってしまいます。ただし、義務教育の場合は退学になるケースはないようですが、支払いをしなくてもいいと言うことではありません。

また、私立などの学校の場合でも支払いができないといきなり退学!と言うケースはごくまれのようです。基本的には柔軟に対応してもらえるので、学費の支払がどうしても厳しい場合、まずは学校に相談してみましょう。中には一括払いしないといけないものを分割払いにしてもらるケースもあります。

事情があって親や学校に相談できないという人はお金を借りるて解決する方法もあります。現在、消費者金融などでお金を借りる際は身内バレしないように考慮してもらえるキャッシング会社が多いので、利用してみるのいいと思います。

学費の支払額は決して安い金額ではないので、大金が掴めるような甘い話に乗って逆にお金を失ってしまうよりも、自分でお金を借りて、毎月少額ずつ返済をしていった方がよっぽと健全は方法です。また、学費の支払いが滞ってしまえば、学校、親などには絶対にばれてしまいます。誰にも相談できないのであれば、自分で解決する以外方法はありません。

大学の学費を支払うお金がなく親も当てにできないがどうすればいいか

最近では、大学全入時代といわれるほどで、大学への進学率が非常に高くなっています。高校まではある程度の公的補助があったりするのですが、大学になると公的補助の手が届きにくくなってしまうもの。そんな人にとって、国公立であっても大学の学費はかなりの金銭的な重荷です。

その際にまず行うべきは、自分でお金を稼ぐことでしょう。しかしここで気を付けないといけないのは、あくまでも大学の学費を稼ぐためにアルバイトをするのであって、アルバイトをするために大学の授業を休むのではそれこそ本末転倒です。学生がアルバイトだけで学費や生活費をすべて賄うのは、不可能と思った方がいいでしょう。

そうなると、何らかのサポートを外部から受けなければなりませんが、やはり一番のおすすめは大学の奨学金を利用することです。最近では貸与型の奨学金が増えてはいますが、それでも借りられないよりははるかにましです。大学の奨学金で通らなかったとしても、それ以外にも日本学生支援機構の奨学金など、多くの奨学金制度があります。奨学金の種類を把握しておくとともに、申請を忘れないことです。

公的な奨学金を万が一利用できないとしても、銀行や信用金庫の教育ローンを利用できます。銀行の教育ローンは、学生本人にではなく、その保護者に対して貸付がなされます。

これらの教育ローンの特徴として、在学中は元金の返済が据え置かれる、つまりは利息だけの支払いで済むという特色があります。通常のカードローンなどと比べても金利はかなり低く抑えられていますので、最後の手段として使ってもいいでしょう。

入学金や授業料などの学費の「払えない」を乗り切るには

「学費が払えない…」学生が抱えるお金の悩みは切実です。家賃やケータイ代、友達と遊ぶために使うお金、趣味に使うお金など、学生は出費が多くなってしまいます。学費を稼ぐためにバイト漬けになって、勉強をする時間が取れなくなってしまうのも本末転倒です。

しかし、アコム・プロミスの大手消費者金融では、入学金や学費として利用する学生が多くいます。彼らが選ぶ理由は大手消費者金融ならではのサービスです。無利息期間や即日融資など賢く使って「払えない問題」を解決しましょう。

↑ PAGE TOP