住宅ローン 払えない

住宅ローンの延滞は危険!?そうなる前に…

住宅ローンの延滞はカードローンなどの延滞に比べてかなり厳しいと言われています。1ヶ月遅れただけでもかなり厳しく、最悪の場合は家を競売にかけられるケースもあります。

そんな時は金利の安い他社から一時的に借りて急場をしのぐのが得策です。アコム、プロミスなどの大手消費者金融では30日間無利息の期間があり、金利なしで融資を受ける事ができます。金利0で借りて、住宅ローンの延滞を未然に防ぎましょう。

住宅ローンで1か月分延滞をしていて、取り立てが厳しくなっている

一生のうちで最も大きな買い物といわれているのが、夢のマイホームです。買ったときは夢心地でも、返済になると途端に現実に引き戻されてしまいます。しっかりとした収入があることを前提に計画された住宅ローンの返済ですから、収入が減ったり支出が増えたりすると計画に狂いが生じてきます。

まず押さえておかないといけないのは、住宅ローンの延滞は他の借金の延滞よりもかなり厳しい条件です。1か月でも住宅ローンを延滞しようものならば、差し押さえられて競売にかけられても文句は言えません。

もっとも、住宅ローン返済中であれば、抵当権はお金を貸している側になるのですが。前の担当者の対応が、逆に非常にまれだったということが言えますね。延滞を大目に見てくれていたのですから。

住宅ローンを借りたのが三井住友銀行で、三井埼京ローンが取り立てをしているということであれば、三井埼京ローンが借金を立て替えて、三井住友銀行から抵当権を譲り受けたと考えられます。こういったケースになりますと、取り立てがより「アクティブ」になることも十分に考えられますね。

少し難しいかもしれませんが、まずは三井埼京ローンの担当者の方と話し合いを持つべきです。その上で、解決方法を探っていくようにしましょう。家を売るにしても、競売にかけるのではなく「任意売却」にしてもらえないか、頼んでみるのもいいでしょう。

任意売却でしたら競売よりも高値で家が売れる可能性があります。どうしても家を手放したくないのであれば、身内に頼み込んでお金を貸してもらい、1か月分の延滞を払うのがおすすめです。

↑ PAGE TOP