保育料 払えない

保育園料が家計の負担に

保育園に月に支払う金額は平均で2〜3万円と言われています。働くために子どもを預けているのに、預けるため費用で家計がカツカツになっては元も子もありません。また最近は待機児童の問題などもあり、園が保護者を選ぶ時代となっています。旦那さんが仕事をしていれば子どもを預けやすいですが、シングルマザーには厳しい状況となっています。

ご夫婦の場合は、家計簿をつけて月間の支出の見直しをするだけでも、保育園の月謝分くらいは毎月お金を浮かせることができます。例えば携帯代を安いプランに変更することや、車の利用頻度を減らしてガソリン代を浮かせるなど細かい部分ですが、少しずつでも節約をすることで結構な金額になりますので、協力してやってみましょう。

保育料が払えないのはどちらのケース?

保育園費が払えないのはおおきく2通りのケースがあります。
1つ目が「預けたいけど余裕がない」場合
もう1つが、「預けているけど、払えなくなった」場合です。
この理由の違いによって対処の仕方が大きく変わってきます。

【状況別】保育料を払うのが厳しい時

・夫婦共働きでも保育料がきつい
→家計簿を付けるなどして家計の見直しをしましょう。それでもきつい時は一時的にキャッシングしましょう。※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

・旦那だけ仕事をして、奥さんは主婦→
保育園を退園して、できれば奥さんが子供の面倒をみることが理想的です。

・シングルマザーで仕事をしている→
家計の見直しで節約できる所は絞りましょう。それでもきつい時は一時的にキャッシングして、転職することもありです。

・シングルマザーで求職中
→求職と子育ての両立はかなり厳しいです。ご両親が頼れるならまず、ご両親を頼りましょう。それができない場合は、一度派遣会社に登録だけをして、キャッシングに申込、融資が受けられたら借り多分を保育園料に充て、なるべく早く仕事を決めましょう。

保育料延滞すると差し押さえされる

保育費の滞納が続くと給料から強制的に差押をされてしまいます。状況にもよりますが、一括支払いになってしまうと、当然その月の生活するお金がなくなってしまいます。そうなるとお金を借りる必要が出てきますが、差押されている人に融資をしてくれるのは銀行はもちろん、消費者金融でもなかなか難しいでしょう。

そうなると本当にお金の無い状況になってしまいます。そのため、幼稚園や保育園、託児所の月謝がきついと感じた場合に早めに消費者金融でお金を借りる方が利口だと言えます。支払いのきつい月は最低返済額だけを返して、余裕のある月は少し多めに返すというサイクルが作れます。

また、毎月の削れそうな支出として、贅沢費を探すようにしましょう。贅沢費を全て削ってしまうと生活の楽しみがなくなってしまうので、例えば毎月使っている贅沢費を2ヶ月に1回の割合に減らすなど少しだけ我慢をすることで、お金に余裕をもつこともできるかと思います。

払えない子供の保育料を何とかしたい

子供の保育料が払えない!少ない時間でお金を作る方法が見つからず風俗で…。しかし風俗で働くとなると、夜の時間帯に子どもが一人になってしまいます。その前に安心の消費者金融での借入がおすすめです。

主婦にも積極融資を行っているアコム・プロミスで行う匿名で行える事前審査で審査の不安にも対応しています。(※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。)生活費がカツカツの場合でも、少ない金額からの返済も可能なので収入が少ない方でも安心して利用できます。

日中働こうにも保育料が払えない、そのため風俗店で働こうと思っている

まず、家計の足しに風俗で働くことについてですが、正直おすすめできません。風俗で働くとなれば、当然旦那さんに黙って働くことになるのでしょうが、そのような後ろめたい気持ちを持って生活をすること自体、夫婦関係にとって良いことではありません。

風俗のお店にもしかしたら旦那さんの職場の同僚が来るかもしれません。それがきっかけで旦那さんにばれてしまったら、家計の足しどころの話ではなく夫婦の危機です。

また、旦那さんだけではなくお子さんにとってもあまり好ましい環境とはいえません。子供はお母さんの変化に非常に敏感なところがあります。お母さんの化粧がいつもより濃いと気づきます。お子さんが病気をした場合、保育所には預けられませんので、どのみちその間は仕事を休むことになります。

残念なことに風俗の世間的印象は良くありませんので、一度そういった仕事についたらなかなか真っ当な仕事には戻れないでしょう。

保育料が支払えなくて保育所に入れられないのであれば、わざわざ入れなくてもいいのではないでしょうか。義務教育ではありませんし、内職やアンケートモニターなど、家でできる仕事は結構あります。月々の稼ぎはわずかかもしれませんが、お子さんと一緒にいられるのは何よりの幸せではないでしょうか。

将来のためにたくわえを残すために働きたいのであれば、認証保育園の保育料を一部助成してくれる制度を利用すべきでしょう。ただし自治体によって対応に差がありますので、まずはお住まいの役場にある保育関係の部署へ足を運んでみましょう。とはいえ、認証保育園は待機児童の可能性もありますが。

↑ PAGE TOP