リボ払い 払えない

リボ払いの返済で生活が厳しくなったら

リボ払いを続けていると自分で気づかないうちに返済しきれないほどの請求をされる場合があります。そうなってしまった場合にまず真っ先にして欲しいことは、リボ払いでの買い物をやめることです。リボ払いが癖になってしまっている場合は余計に意識して、リボ払いをやめましょう。それができない場合は最悪自己破産や債務整理などお先真っ暗な人生になってしまいます。

リボ払いで借金が膨らんでしまったら

クレジットカードのリボ払いが払えなくなり、気づいたら数十万円単位の借金に膨れ上がってしまった。そんな問題から脱出するには利息が安い金融機関から借りましょう。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融では無利息で借りられるの期間があり、その期間での返済は利息が発生していない為、すべて元金に充てる事ができてお得です。リボ払いで増えた借金を少しでも早く安く返す為の賢い方法があります。

クレジットカードのリボ払いで60万円ほどの借金。どうすればいいのでしょうか

相談者様は自己破産を検討されているそうですが、自己破産はあくまでも最終的な手段であり、まずはそれ以前にとれる対策を検討すべきでしょう。幸いなことに総額で60万円という借金ですので、何とかなる金額だと思われます。

自己破産の次に効果が高いと思われるのが、個人再生という方法です。自己破産と異なる点は、借金は帳消しにならない点であり、あくまでも利息の減免を求してもらうものです。しかも、元金の支払期限も裁判所によって設定されてしまいますので、元金すら支払えないとなるとかなり苦しい選択かもしれません。

個人再生の次に効果が高いと思われるのが、特定調停でしょうか。特定調停は、個人と貸金業者の間に裁判所が入って借金についての妥協案を探る方法です。特定調停と異なり、妥協案についてはある程度話し合いの余地があり、個人再生のように支払期限を裁判所によって設定されることもありません。

ただしこの場合、しっかりと話し合いをしておかないと、ほとんど返済条件が変わらないにもかかわらず裁判所の「お墨付き」までついてしまうという、かえって状況が悪化する事態にもなりかねません。

裁判所を間に入れたくないのであれば、任意整理がよいでしょう。任意整理は、特定調停と同じような話し合いを裁判所を間に入れず行う方法です。特定調停よりもハードルは高いかもしれませんが、話し合い次第では好条件を引き出せます。

裁判所に頼らないというのであれば、銀行の「おまとめローン」を利用するといいかもしれません。クレジットカードのリボ払いの問題点といえば、なんといってもその高い金利です。

年利18%近い金利を搾取されるリボ払いから一刻も早く脱出する、これが重要です。金利にして年10%程度は違ってきます。もちろん、無条件でおまとめローンを利用できるわけではなく、貸し出しには審査がありますが、金額もさほど多くはないですし、貸し出しが実行される可能性は低くありませんので、金利条件などを確認して申し込んでみてください。

↑ PAGE TOP